ウイルスカット関連はこちら ≫

水彩画

こんにちは、暑いと無性にラムネが飲みたくなるメイです!

汗をかいたガラス瓶、ジリジリと鳴りやまないセミの声、わずかな木陰はまるで別世界……。

こう田舎に住んでいると、季節をよりはっきりと楽しめる気がして楽しいんですよね~

 

さて、今回は何を書くか全く考えてなかったんですが、せっかくなのでラムネを描くことにしますw

色の塗り方としてはポピュラーな、「水彩画」風でいきましょう(`・ω・´)

 

①ラフ(下書き)をします

②線画を描きます

左上が光源と考えます。線画を途切れさせたり、細く描くと、光の当たっている雰囲気が出ます。

③下地を塗る

線画同様、左上に少し余白を取って塗るといいですね。水彩画らしさを出すため、マーメイド紙という水彩画向きの紙質を設定しています

④影をつける

左上が光源なので、右下に影ができます。中のビー玉や瓶底、フタの丸みも意識して塗ります。

⑤付け足し

ビー玉の影やラムネのシュワシュワを足していきます。

⑥ホワイトを入れて仕上げ

シュワシュワやビー玉、持ち手のくぼみなどにホワイトを入れて完成!

 

描きながらすごいラムネが飲みたくなってきましたw

水彩画は色を重ねすぎると汚くなってしまうので、デジタルでもアナログでも色を絞って塗ると綺麗に見えます(*´ω`*)

また、ホワイトは控えめに余白を活かして塗ると、水彩画らしいやわらかい印象になりますよ~

 

久々に絵の具を引っ張り出したくなった、メイでした~(^_^)/

この記事を書いた人
メイをフォローする
メイをフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました