ウイルスカット関連はこちら ≫

雨のお話

こんにちは、曇り空続きで気分ももやもやなメイです!

お洗濯物がなかなか乾かなくて、エアコンでドライをかける毎日です(´・ω・`)

 

さて、前回に引き続き雨のお話。

強い雨や弱い雨、急に降る雨やずーっと降る雨。雨にはいろんな種類があります。

その種類なんと……400種オーバー(;゚Д゚)

日本語は表現の幅が広く、ほかの言語に比べてとても難しいと言われていますが、雨だけでこんなにあればそりゃ難しいですよねぇ……。

 

以下、いくつか抜粋してみました。(引用:よろず屋みっつん様

・強い雨

 大雨、強雨、豪雨、鉄砲雨、スコール、ゲリラ豪雨……

 篠突く雨(しのつくあめ)=細い竹や篠で突くような激しい雨のことだそうです。

・弱い雨

 小雨、霧雨、天気雨……

 狐の嫁入り=太陽が出ているのに降る雨で、お天気雨と同じ意味だそうです。

・急に降る雨

 通り雨、にわか雨、叢雨、鬼雨……

 肘傘雨(ひじかさあめ)=急に降りだす雨のこと。笠をかぶる暇もなく、肘で頭を覆う様子が揺らいだそうです。

・降り続く雨

 長雨、連雨、霖雨、積雨……

 そぞろ雨=それほど強くないけれど降り続く雨のことだそうです。

・恵みの雨

 喜雨、甘雨、穀雨、瑞雨……

 翠雨=青葉に降り注ぐ恵みの雨、という意味だそうです。

 

と、一例だけですがすごい数ですね(´∀`;)

他にも色や季節によって呼び名が付いている雨もあるそうで、見ていて面白い名前もたくさんありました!

雨でじとーっとした日には、ぜひ雨の名前を調べてみてください(*´ω`*)

いまだに冬服が仕舞えない、メイでした~(^_^)/

この記事を書いた人
メイをフォローする
メイをフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました