ウイルスカット関連はこちら ≫

日常のな~ぜ?

みなさん、こんにちは~

阿部の時間がやってまいりました★

さあ、今日は!どうして節分に豆をまくのか

についてお話をさせて頂きます 😆

(すみません、過ぎてしまった話で…)

実は、豆をまくというのは、かなり

昔からある風習の一つです。

この起源(きげん)は、何と!!!

1000年以上も前にさかのぼるのです。

まず、豆まきの前に節分について説明します。

節分とは、現在は2月の3日か4日のことです。

しかし、もともとは春・夏・秋・冬の

区切りの日のことをいっていたのです。

つまり、節分は年に4回あったのです。

ところが、年に4回ある節分のなかでも、

冬から春になるときが一番大事な節分

だったようです。昔は、冬が終わって、

春が来る日を一年の始まりと考えていました。

つまり、2月の最初の節分に行なう豆まき

というのは、大昔の日本の一年の

しめくくりの行事であったのです。

また、豆には鬼を退治する効果が

あると信じられていました。

昔の人は、病気はすべて鬼のしわざと

考えていました。そこで、悪いことを

する鬼が来ないようにと願って

豆をまいたというわけです。

つまり節分の豆まきは、

一年の最後の日に鬼を退治して、

新しい年をむかえましょうという、

昔のおまじないのようなものだったのです。

それが今でも残っているのです。

 

昔からの風習が今でも続いているのは本当に

素晴らしいなと改めて思いました。

 

また、次回のブログでも日常のな~ぜ?について

書こうと思います 😳

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!BYE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

この記事を書いた人
abeeee!をフォローする
abeeee!をフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました