ウイルスカット関連はこちら ≫

日常のな~ぜ?

みなさん、こんにちは~(*’ω’*)

阿部の時間がやってまいりました★

今、プラスチックが問題視をされていますよね。
(プラスチックは自然の中に捨てられても
分解はされず、小さいかけらとして残ったままに
なるのです…)
そこで、プラスチックを削減しようという事で
マイバッグ、マイボトル、マイ弁当を活用する
事が主流になってきましたね!

企業側で最近見られるのは、ストローを
ホワイトチョコでコーティングをされたクッキー型の
ストローです(‘ω’)👏

でも、そもそもこのプラスチックは何からどうやって
作られていると思いますか?

ポリエチレンや塩化ビニールやメラミン樹脂など、
よく耳にするプラスチックとよばれるものは、
現在ほとんどが石油から作られています。

しかし、正確にいうと石油からできたものだけが
プラスチックというわけではありません。
プラスチックのことを、合成樹脂といいますが、
世界で初めての合成樹脂はベルギーの
ベークランドという人が作った
ベークライトというものです。

これは、石油ではなく、石炭酸というものから
作られていました。その後、石炭を原料に
ナイロンやビニロンが作られるようになり、
さらに石油を原料にした、ポリエチレンや
塩化ビニールなどのプラスチックが
作られるようになったのです。
石油から作られたプラスチックは、
値段が安くてとても便利なんです💦

先程、冒頭でお話した様にプラスチック問題が
挙げられている今、石油以外のものを原料にして
自然のなかでくさって土にもどる
プラスチックを作る研究が行われているんです★

また、次回のブログでも日常のな~ぜ?について
書こうと思います 😀

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!bye!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

この記事を書いた人
abeeee!をフォローする
abeeee!をフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました