ウイルスカット関連はこちら ≫

日常のな~ぜ?

みなさん、こんにちは~(*’ω’*)
阿部の時間がやってまいりました★

今日は、お水についてです。
よく美味しいお水!という広告を目に
しますが、何の成分が美味しいのか?
ふと思ったので調べてみました!!

まず、私たちが口にする水には大きく分けて、
「軟水」と「硬水」があります。
これは、水の中に溶けているカルシウムと
マグネシウムの量で決まるそうです。
「軟水」は水に含まれるカルシウムと
マグネシウムの量が少なくて、
逆に「硬水」はカルシウムとマグネシウムを
多く含みます。世界保健機構(WHO)が
ちゃんと軟水と硬水を分類しています。
硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)
という決まりがあって、0~120mg/l 未満を
軟水、120mg/l 以上を硬水というそうです。

ちなみに東京の水道水の硬度は60mg/l前後で、
日本のほとんどの水は軟水で、硬水に比べて
口当たりがまろやかで柔らかいのが特徴だそうです。
今はたくさんのミネラルウォーターが売られていて、
日本各地から海外のものまでさまざまなものが
ありますね。その1つ1つの味を決定付けて
いるのが、カルシウムとマグネシウムの量なんです。

なるほどですね!
また、次回のブログでも日常のな~ぜ?について
書こうと思います 😎

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!bye!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この記事を書いた人
abeeee!をフォローする
abeeee!をフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました