ウイルスカット関連はこちら ≫

おすすめエディタ「Visual Studio Code」

天井の蛍光灯がジリジリ鳴っているのが気になって仕方がないまるやまです。

一度気にしてしまうと、どうしようもなく気になってしまうこと、ありますよね。

 

今日は、かねてより考えていた利用ツールの紹介記事です。

まずは、開発にはなくてはならない存在のエディタからでしょう!

そもそも「エディタって何?」に関して

ものすごく簡単に説明するとこれにつきます。

 

「「メモ帳」がものすごく便利になったもの」

 

エディタもいろいろと種類があるのですが、おすすめしたいのがこれ。

 

  • Visual Studio Code
Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure
ほぼすべての言語に対応し、任意の OS で動作する強力なコード エディター、Visual Studio Code を使用して、Azure で編集、デバッグ、デプロイを行います。

 

URLにもある通り、Microsoftが公式に無料で提供しているコードエディタです。

Microsoftの開発ツールといえば、「Visual Studio」が有名だと思いますがこれは別物です。

思いつくままに利点を挙げていきましょう。

  1. 無料で利用可能
  2. Microsoftが提供しているため安心感がある
  3. 拡張機能を使って自分が使いやすいようにカスタマイズできる
  4. 動作が軽量
  5. デフォルトのダークテーマが目に優しい
  6. フォルダごと管理でき、タブ表示できるため、何個もエディタを開かなくてよい

 

ざっとこんなところでしょうか。

大手企業が提供しているツールかつ無料というのはポイントが高いですね。

また、たくさんの拡張機能が提供されているため

人それぞれであった使い方ができるのもよいです。

HTMLやCSS、PHPなどの、Web系のエディタとしてはとても優秀だと思います。

 

「今使っているエディタの動作が重すぎてつらい」とか

「HTMLの編集はしているけれど、エディタを使ったことがなくてよくわからない」

という方は、無料なので試してみてはいかがでしょうか。

タグの整形などができて、きれいなコードが書けますよ。

 

実際、自分も最初は「Eclipse」という統合開発環境を利用していたのですが

起動が遅すぎてこちらに乗り換えました。

 

使い方や拡張機能の紹介はきっと、先人たちの記事のほうがわかりやすいので

検索してみてください笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました