古川にタピオカ専門店!タピオカの原料ってなに?

宮城県大崎市に初めての『タピオカファクトリー琥珀(古川駅前大通店)』がオープンして1週間。

毎日のように行列ができています。並んでいるのは高校生から大人まで…。

タピオカを古川で味わえるなんて嬉しいですね。

さて、日本でブーム真っ盛りの「タピオカ」ですが、
『タピオカって結局なに?』
と質問されたとき、あなたは答えることができますか?

タピオカと聞いてイメージは湧くけれど原料は分からない…
といった方、じつは多いような気がします。

私も分からなかった一人。調べてみました!

 

タピオカの原料

タピオカ=イモの一種『キャッサバ』

丸いフニフニした見た目からは想像がつきませんが、タピオカの原料は「イモ」だそうです。

このイモを加工し、乾燥させたものがタピオカの正体。

原産地の南米から加工されたキャッサバが輸入され、日本で “ 映える飲みもの ” として変身するんですね。

 

正体を知る前は怪しくて飲むことに抵抗がありましたが、知ってしまえばそんな不安も解消されました。

せっかく古川にタピオカ専門店ができたので、私もタピオカライフを楽しみます!

コメント