ウイルスカット関連はこちら ≫

読書の秋

秋といえるものがあったのか分からないくらい

暑い日々から急に寒くなり、秋を満喫しないまま冬になってしまいました。

先々週のサザエさんを見ていたときに

(初めてマスオさんの声が変わってから視聴したので、少し違和感を感じましたw)

マスオさんが読書の秋ということで、本を読みふけっていたのを見て

もともと趣味は読書だったはずなのに

最近全然読めていないことに気づき、これはやばいと思い

ずっと大好きなミステリー作家の太田忠司さんが書いたnoteを読みました。

ふたつのショートショート、タイトルは『代行』

ほんとは紙の本が一番好きなのですが、とりあえずw

思いつきでショートショートを書きました。どこからも依頼されていない、純粋に自分の楽しみのために書いたものです。
書いているうちに当初に想定していたのとは別のストーリー展開を思いつきました。「そっちのほうが面白いかなあ、いや最初のほうがいいかなあ」などと迷っていたんですが、「いや、どうせ自分が好きで書いてるんだから、どっちも書いちゃえばいいんじゃね?」と気が付き、ふたつのショートショートを書き上げました。

はじめにより抜粋

ネタバレしたくないので内容は言えませんが、ほんとに途中まで全く同じストーリーなのに、行きつく展開が全然異なっていてとても面白かったです。
他の読者さんたちの感想をみると、最初のほうが好きという方と、あとのほうが好きという方、両方いるのも面白いですよね!

それにしても、プロの方が書いたお話をネットで無料で見れるなんて、良い時代になりましたね(^^)/

この記事を書いた人
あや

有益な情報や、身の回りで起こったことを発信していきたいと思っています!

あやをフォローする
あやをフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました