ウイルスカット関連はこちら ≫

印象に残っている詩

いつだったか忘れましたが、ある日たまたま新聞を読んでいたら

宮城県の中学生の女の子が

『逃げ』という表題でこういう詩を投稿していました。

逃げて怒られるのは 人間ぐらい

他の生き物たちは 本能で逃げないと 生きていけないのに

どうして人は

「逃げてはいけない」

なんて答えにたどり着いたのだろう。

人間の真理をついていますよね。

当初、こんな事を書けるなんてこの子は随分達観しているなぁ、と感心して

ずっと心の中に閉まっていたのですが

大人になった今、大人でもなく、だからと言ってそんなに子供でもない

あのときだからこそ書けた詩なのかなとふと思ったのでブログに書きました。

なんだかノスタルジーになってしまいました笑

いつまでも純粋な心は持ち続けていたいものですね。

この記事を書いた人
あや

有益な情報や、身の回りで起こったことを発信していきたいと思っています!

あやをフォローする
あやをフォローする
株式会社夢工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました