ウイルスカット関連はこちら ≫

要領がよくない、は思い込み?

つい最近まで暖かい日が続いていましたが、また急に冷え込んできました。
こんにちは、笹です。

今回、笹が紹介させていただく本はこちらになります。

F太氏、小鳥遊氏著の「要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑」です。
前回の「言いかえ図鑑」と同様に、図鑑の名を持っていますが、こちらも読みやすい文章量と構成になっています。

どんな本?

全10章、80の戦術として様々な対策が書かれています。

章は「仕事の基本」から始まり、「段取りが苦手」「ケアレスミス、物忘れが多い」などの悩み別により具体的な仕事術やヒントを紹介してくれています。

また、各章の導入部分のページには、「なぜ○○ができないのか」といった文章が差し込まれてあります。
できない理由や原因の解明、それらを解消するための方法が簡単に記載されいます。

その後の戦術のページは基本的に1~2ページでまとめられているため、順番に読んでよし、気になるところから読んでよしの構成になっています。

著者であるお二人が実践し、結果を出すことができるようになったコツということもあり、難しい表現が一切ないためとても読みやすいです。
大切な部分には下線や色変えなどの対策がされているので、重要部分の拾い上げが簡単になっています。
そのほかにも、豊富なイラストと各戦術の最後にワンポイントが掲載されているため、飽きることなく読み進めることができます。

読んでみて……

前回の「言いかえ図鑑」の際もそうでしたが、やはり思い当たる節がこれでもか!というほどありました……。

悲観的、否定的になりかけましたが、どの項目においても著者であるF太氏並びに小鳥遊氏による温かいお言葉が載っていることもあり、折れそうになった心に添え木をされたような気がしました。

一つ一つのコツを理解することで武器にして、精進していかないといけないなと感じました。

まずは、自分がやらなくてはならないことを、しっかりタスク化できるようになるところから、ですが……。

まだまだ道のりは長そうですが、そろそろ紙面が尽きてしまいました。

本日はこの辺りで失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました