ウイルスカット関連はこちら ≫

負けない、止まらない、諦めない!

ようやく落ち着いてきたと思えば、オミクロン株が猛威を振るっていますね……。こんにちは、笹です。
観劇チケットに当選したのに、無に帰りそうで戦々恐々としています……。電車旅とかもそろそろしたいなと考えていたのですが、それすら難しそうです……。

電車と言えば、千葉県銚子市の「銚子電気鉄道」様をご存知でしょうか? かつて倒産寸前まで傾いた経営を、「ぬれ煎餅」の販売によって立て直した鉄道電車屋さんになります。
その後もユニークな方法で立て直しているその姿から、様々なメディアに取り上げられたりしているので、耳にしたことがある方もいらっしゃるかなと思います。(最近ですと、とある男性アイドル育成ゲームとのコラボを開始しました。すごくいきたい)

そんな銚子電気鉄道様は、千葉県の最東端を走る全長6.4Kmのローカル私鉄になります。沿線には平地で日本一早く初日の出を見ることができる犬吠埼や温泉などの観光資源があるらしく、首都圏からの気軽なお出かけにはぴったりなようです。
ただ、肝心の銚子電鉄の電車に乗るためには、JRやバスを活用して銚子駅まで行く必要があるらしいです……。
そのような背景もあってか、資金不足に悩まれていた銚子電鉄様は「ぬれ煎餅」の販売を開始。ギリギリの経営状況が続く中、新型コロナによる追い打ちがかかりました。

現在、コロナ禍も相まって銚子電鉄の列車は本数を通常の3割減らして営業されています。ぬれ煎餅などで知名度が上がって増えてきていた観光客は外出自粛の影響で激減し、運行経費だけがかさんでいく状況になっているようです。
その穴を埋めるために、オンラインショップを活用した物販に力を入れているとのこと。
気になるラインナップは……定番のぬれ煎餅、(経営状況が)まずい棒、銚子電鉄再建最中、10センチカットレールなどなど、ハート形の穴あきマフラー、赤字が消える暗記セットなどなど……
どことなくシュールに見えなくもない商品が並んでおり、個人的にも「これはみんなにも教えたくなるな」と思いました!

『自虐ならぬ自ギャグ』の商品がSNSで話題になり、全国から注文が舞い込むようになる。
『超C(銚子)級映画』の上映に、YouTubeへの動画投稿を行うことでPRを強化するなどなど、遠隔地のファン作りをしっかり行うことで、遠くない未来に実際に銚子電鉄に来てくれる方を増やしていく。
コロナ禍だからと諦めることなく、試行錯誤しながらまっすぐに走ろうとする姿がまぶしく見えました。

さて、そろそろ紙面尽きてしまいました。
本日はこのあたりで失礼いたします。

銚子電気鉄道様のホームページはこちら!

銚子電気鉄道株式会社
皆様に「この町に銚電があってよかった。銚電ありがとう!」と言ってもらえる、そんな会社になるために、鉄道事業と名物「奇跡のぬれ煎餅」販売で、どんな逆境にも絶対にあきらめることなく奮闘を続ける鉄道会社。

コメント

タイトルとURLをコピーしました